国内旅行の際に航空券を家に忘れて大パニック

eチケット再発行で無事沖縄へ

航空券格安航空券

詳しく再発行のやり方を聞くと、現在の航空券は紙ではなくて各航空会社のシステムの中に搭乗予定便のデータや搭乗者の座席予約が全て記録されたeチケットというものになっているので万が一航空券を忘れたり紛失や盗難にあってもすぐに再発行できる仕組みになっていると教えてくれました。
再発行は空港内の航空機を発券する自動チェックイン機やもちろん各航空会社のカウンターでも可能だというので、早速再発効の手続きをする事にしました。
自動チェックイン機でやっても良かったのですが、初めての事で不安でしたし目の前に職員さんもいるので、そこで再発行をお願いすると、「eチケットの控えはありますか」と聞かれました。
しかし「そんなものはありません」と答えると、「では予約番号は覚えていますか」と聞いてくるので、「覚えていません」と返しました。
eチケット控えも忘れて予約番号も覚えていないので、これで万事休すかと半ば諦めていたら、職員さんは「それでは本人確認書類はお持ちですか」と聞いてきました。
「免許証でも良いですか」と訪ねたら「大丈夫です」と笑顔で答えてくれて、eチケット控えを再発行してくれて、無事に航空券も再発行する事が出来ました。

ようやく笑顔になる事が出来て何とか友人3人と無事に沖縄へ旅立つ事が出来たのですが、この時の教訓はとにかく航空券は必ず身につける財布に入れておくのが良いという事です。
そうすれば絶対に忘れることはありませんし、また予備に旅行会社で飛行機の予約をした時は確認番号をメモして記録しておく事が大切という事も学びました。
インターネットなどデジタルソーシャルネットワークシステムが発展している現代だからこそ、何とか再発行出来ましたが、一昔前なら完全にアウトでした。

必要ないパスポートに気を取られていた / キャンセルだけは絶対に嫌 / eチケット再発行で無事沖縄へ